トップ > コラム > Mondaine Seasonal Collection × AMBLIN

Mondaine Seasonal Collection × AMBLIN

モンディーン2018年春夏限定新作”Classic Seasonal Collection”は、1940〜60年代のデザイン黄金期といわれる、ミッドセンチュリーをイメージしてつくられました。

ミッドセンチュリーらしい、ポップなカラーをパンチングレザーストラップに施しています。

今回、ミッドセンチュリーの雰囲気を再現するため、ミニチュア家具製作販売をされている“AMBLIN(アンブリン)”さんとのコラボレーションが決定しました。

※実物は店頭フェアでご覧いただけます(ミニチュアのご購入も可)

―AMBLIN(アンブリン)とは?―

広島県で木工家具メーカーでデザイナーとして勤務していた田中啓嗣(たなか・ひろつぐ)さんが、2018年にミニチュア製作販売を行う「AMBLIN」を設立。

2015年に、自分でデザインした収納家具のミニチュアを社内プレゼン用に作ったことをきっかけに、以前から好きだった北欧デザイナーズチェアのミニチュアを作るようになったそう。

AMBLIN(アンブリン)のミニチュア家具は、ハンス・J・ウェグナーのYチェアや、アルネ・ヤコブセンデザインのアントチェア。

1脚1脚、田中さんの手で丁寧につくられているため、1日1脚程度しか生産ができないそう。


―Mondaine×AMBLIN(アンブリン)―

もともと、スイスの駅の時計のデザインを腕時計に落とし込んだ=
スイスの駅の時計を、腕時計サイズにミニチュア化させたモンディーンの時計。

AMBLIN(アンブリン)さんにお声がけしたところ、コラボレーションを快く引き受けてくださいました。

今回、AMBLIN(アンブリン)田中さんが、モンディーン新作の3つのカラー(レッド・イエロー・ブルー) に合わせたアントチェアと、Yチェアを制作してくださいました。

この貴重なコラボレーションとミニチュアの世界観を、ぜひ店頭でお楽しみくださいね。